• すぎはら

第6回テツドクレポートと次回の日程のご案内


★読書会レポート★

第6回目の読書会では、数名の参加者と共に部分的な輪読と対話を合わせて行いました。

テキスト:『愛するということ』エーリッヒ・フロム著 鈴木晶訳 紀伊国屋書店出版 1991

「第3章 愛と現代社会におけるその崩壊」に突入いたしました。 この章でフロムは、私たちの愛するという能力が、現代社会のあり方に影響を受けていることを主張しています。 そこで、話題の中心は、「本当に愛するという能力は社会のあり方に影響されているのか」というものになっていたと記憶しています。

次回日程のご案内

次回は、5月13日(土)19時〜 テキスト:新訳版「愛するということ」エーリッヒ・フロム著 鈴木晶訳 紀伊国屋書店出版 本をお持ちでなく、参加をご検討の方は事前にご連絡ください。 範囲:140頁左から6行目の「フロイトの思想は」で 始まる段落から、153頁の右から5行目までを範囲とすることになっています。 親子関係が分析されている内容です。

参加費:500円に変更になりました。(ワンドリンク代込み) 飲み放題ではなく、お代わりは別途オーダーとなります。 読書会の流れ:「部分的な箇所の輪読+対話」で行います。

#読書会

Copyright© 2016-2020 Tetugakuya All Rights Reserved.