• すぎはら

第10回 哲学読書会 予定のお知らせ


何ごとかを「行為する」「行為される」この2項のみには還元できない、あるいは解消し得ないものがあるのではないか。

人間の「意思・責任」を全く新しい観点から考察する。

『中動態の世界 意思と責任の考古学』國分功一郎

昨2017年に発売され、各方面で話題になった哲学の本です。

3月中旬 読書会を予定しております。

日程などの詳細は決まり次第追ってご案内いたします。

http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=87748

#読書会

Copyright© 2016-2020 Tetugakuya All Rights Reserved.