top of page

9回の読書会を終えて 感想⑴


参加者の方が書いてくださった感想をこちらからお借りいたしました。

 

Tetugakuya(https://www.tetugakuya.net/)の店主さんと最初に接したのはツイッターでした。当時、自分が参加していたアートイベントを見に来てくださったりしたことをきっかけにご縁が生まれ、店主さんがはじめられた魅力的なお店のことをHPを通じて知り、これはぜひとも行かなければと思ったのです。ただのアンティークショップではなく、なにか「哲学」というテーマを掲げ活動を始められているらしい…。哲学読書会「テツドク」?なんだそりゃ・・・あれだろ、つまり「サロン」だろ?哲学をテーマとした。え、なんかかっこいい。参加してみたい。と思ってまずはお店に行ってみたら、男性かと勝手に想像していた店主さんは、お若い素敵な女性であり、ますます参加してみたくなりました。お店もすごくかっこいい。

※参考:「Tetugakuya」さん - -Unbalance + Automatic- 津村ユキヲnote。

というわけですでに第五回目となっていた哲学読書会「テツドク」に参加しました。お題となる本は、エーリッヒ・フロム「愛するということ」。事前に全部は読めてなかったがとりあえず予定範囲まで読んで参加した。この「テツドク」、スタイルとしては、本の予定された範囲について、輪読し、内容についてディスカッションし、また参加者同士交流をする。といったかんじ。ちなみにTetugakuyaさんのホームページでそれぞれの回について内容がまとめられています。

自分が参加した第五回~第九回について、自分のツイート内容をあげて少し振り返ってみます。※青字部分がツイート

第五回(初参加)感想ツイート

普段接することのなさそうな方々とお話ができて楽しかったです。AIやVRも含む科学技術の大幅な発達による社会と人間の変化が進む中で、哲学や倫理学の役割が増すのではないかというかんじのことを語った気がするが頭悪いのでふわっと感じているだけです。でもそういうことを考え続ける知的好奇心は失わないでいたいと思っている。バカだけど勉強はしたい。

ふーん。

第六回の感想ツイートとその五日後のツイート

読書会にいってきた。人数がもっとふえるといいと思いました。

RT 読書会の課題本なんでぼちぼちと読んでるんだけど、帯の谷川俊太郎を前田俊夫を空目してしまうようなやつにはこの本は向いてないかもしれない。俊しか合ってないのに。

前田俊夫とは「うろつき童子」などで有名なエロ劇画家です。本の内容がやはり馬鹿には難しかったということがうかがえます。

第七回の感想ツイート

Tetugakuya さんで、読書会参加してきました。フロム「愛するということ」第七回。ジェンダーやフェミニズムの話に脱線したりして?面白かったです。

この回を前にして、ようやく本の全編を通して読み。あれっなんか面白いなあと思いました。そして参加者のみなさんの話が面白いなあって感じだしたようです。

第8回の感想ツイート

今日は名古屋で哲学カフェをされているという方も来られていて、哲学カフェが全国的に出来つつあることに吃驚。もりあがった。 哲学カフェをひろめるために、という話の流れで、この小説みたいに店主さんにメイド服を着ていただこう!という提案をした所、けっこう乗り気でいらした\(^o^)/

#ようこそ哲学メイド喫茶ソファンディへ