フランス20世紀初期に刷られた鳥の銅版画です。
ランダムにお選びした10枚をセットにいたします。

(複数ございますので、バラ売りをご希望の方は、メールなどでお問い合わせください。)
 

20世紀初期、B.Riabと署名された鳥の銅版画です。

画家の名は、ボリス・リアボウチンスキー(1898ー1975)。
歴史に翻弄されながらも自然と動物を愛した画家です。
彼は、ロシアのブルジョア家系だったようですが、ボルシェビキ共産主義の勢力により、家を失い、ロシアを離れます。その後の人生は、ヨーロッパやアメリカ・カナダを含め北半球を転々としています。その間も、自然の観察や趣味である狩り、乗馬などに親しんだようで、特に趣味の「狩り」による影響か、犬の絵も複数残しています。
30代、1927年ごろフランスに定住するようになると、ユダヤ人だと判断されることを恐れ、本名のボリス・リアボウチンスキーから、B.Riab(リアブ)と名乗るようになりました。
ご紹介する銅版画の署名もB.Riabとなっています。

20世紀初期 B.リアブによる鳥の銅版画10枚

¥8,850価格
  • 国:France

    年代:20世紀初期

    サイズ:約25cm×約32cm

    素材:紙

Copyright© 2016-2020 Tetugakuya All Rights Reserved.