フランス19世紀初期から中期のカトリック教会の献金箱。

箱部分の装飾や、十字架まで、職人による総手彫りの非常に貴重なお品です。

元々は、鍵がつけられていたようですが、今は失われ鍵穴のみ残っております。付属の鍵をおつけいたしますので、この鍵を鍵穴に引っ掛けて、扉を開けてください。

壁に取り付けてあったような形跡もあり、背面には、釘穴がいくつか見受けられます。

十字架の足元の装飾は、片方欠けており、アシンメトリーな状態です。お写真をよくご覧の上、ご購入いただきますようお願いいたします。

 

France19c 教会献金箱

¥45,000価格
  • 国:フランス

    年代:19世紀初期から中期

    サイズ:H54×W26.5×D15cm

     

Copyright© 2016-2018 Tetugakuya All Rights Reserved.