大海原を航海している帆船のガラススライドです。

明かりに透かすと大変綺麗です。

透かす明かりの色合いによっても雰囲気が違って見えます。

 

別名マジックランタン スライドとも呼ばれています。

幻灯機は、いわゆる映写機の元となった機械です。ガラスの絵を幻灯機で照らして、壁やスクリーンに映像を映し出します。

一枚一枚スライドを取り替えてお話を進めるので、紙芝居のようでもあります。カラーのものは、一枚づつ女工が手作業で色付けしたと言われています。

のちに、フィルムが発明されるようになってからは、こうしたガラスのスライドは市場から姿を消しました。

光にかざして、小さなガラスの中に描かれた物語の欠けらを、コレクションにいかがでしょうか?

幻灯機スライド sailing ship

¥4,000価格
  • 国:イギリス
    年代:1900年代

    素材:ガラス

    サイズ:W約8cm×H約8cm