11月14日(土) | Tetugakuya

読書と対話の会『人間にとって成熟とは何か』曽野綾子著

この読書会の目的は「自分の感性を大切にして成長していくこと」です。 月に一度継続して、曽野綾子さんの『人間にとっての成熟とは何か』(幻冬舎新書)を読みます。本は各自でご用意くださいますようお願いします。 定員が5人になりましたら、締め切らせていただきますのでご了承ください。
お申し込みの受付は終了しました。
読書と対話の会『人間にとって成熟とは何か』曽野綾子著

日時・場所

2020年11月14日 10:30 – 12:30
Tetugakuya, 日本、〒764-0016 香川県仲多度郡多度津町東浜2−2−22

イベントについて

初回は曽野綾子さんの『人間にとっての成熟とは何か』(幻冬舎新書)の第18話「不純な人間の本質を理解する」を読みます。前後するようですが、そのあと第1話「正しいことだけをして生きることはできない」を読みます。

感染症対策として、手指の消毒やマスクの着用にご協力ください。

定員は5名程度

参加費:500円

進行役:村上武志(元四国学院大学教授) 

イベントについての詳細ページはこちら

このイベントをシェア