top of page

10月27日 哲学読書会『中動態の世界 意思と責任の考古学』7章を読む

更新日:2019年4月28日


1章から始まった回、とうとう7章まで進んでまいりました。

10月27日全9名での読書会となりました。

7章では、中動態の観点から西洋哲学史を見直してみる(ref.199)ということがテーマとしてあったと思います。

前半では、ハイデッガーの「意志」についての彼の態度について論述されていました。


そこで意志概念についてのおさらいや見直しも、改めて行いました。





余計わけが分からなくなる可能性も否めなかったのですが、「転回前ハイデッガー」と「転回後ハイデッガー」と「後期ハイデッガー」についての補助プリントを用意しました。

お配りしたハイデッガーに関する補助プリントは全て、『ハイデッガーの思想』木田元著岩波新書1993年のものです。

横道に逸れる可能性もありましたが、それでも、せっかく読書会に集っていただいた皆さんと、ハイデッガーのちょっとしたエッセンスをシェアできると、漠然とでも、いつかどこかで何かに繋がるかもしれません。点と点が線になる瞬間があるかもしれません。

お配りしたハイデッガーについての補助プリント複数のうち、次の部分だけを改めて引用します。

以下の内容にすでに、「転回」を示唆するものが含まれていると思います。

下線部は、筆者すぎはら によります。


 ハイデッガーが人間のことを<現存在>という妙な言葉で呼ぶのも、人間こそ、<存在>という視点の設定がおこなわれるその<現場>だからにほかならない。 してみれば、<存在了解><存在企投>とは、現存在にとっては、確かに自分のうちで起こった出来事には違いないが、自分がおこなったわけではなく、自分を超えた何者かの力で生起したとしか思われず、いわば畏敬の念、驚きの思いをいだかずにはいられない出来事なのである。(p.88)

ところで、<存在了解>なり<存在企投>が、今述べたように、現存在のうちで起こるが、現存在が意識的におこなう働きではないのだとすれば、<了解>とか<企投>といういかにも能動的作用を思わせる言い方は、不適切ではなかろうか。いかにもその通りであって、のちに見るように、これが『存在と時間』の躓きの石になる。やがて、ハイデッガーは、この事態を<存在の生起>とか、ただ<出来事>などと呼ぶようになるが、それはもう少しあとの話である。(P.89)

話を『中動態の世界』に戻しまして後期のハイデッガーは、意志批判の末「放下(Gelassenheit)」という概念を用いるようになりました。(ref.207)